Classic Guitar

加納木魂Kodama Kanou

加納木魂Kodama Kanou

1939年生まれ。実父加納木鳴のもとで19歳からギター製作を始める。1966年には独立し、マンドリン、リュート、19世紀ギター、多弦ギター、ビウエラ、ギタローネなど様々な種類の楽器を製作していく。「目指す音作りは“芯”のあるギター」と公言している通り、遠達性があり空気が澄んでいるかのようにクリアに響き渡る。ショートスケールギターの製作では国内の先駆者でもある。

モデル一覧

#40
¥400,000(税別)

表板 スプルース
横・裏板 インディアンローズウッド
ネック マホガニーまたはセドロ
指板 エボニー
中南米ローズウッド
糸巻 ゴトー35G1600